(8月4日更新!)ハースストーン新拡張「凍てつく玉座の騎士団」全カード評価 Part.3

2017年8月上旬に発売が予定されているハースストーンの新拡張「凍てつく玉座の騎士団」の収録カードについて評価していきます。

カード画像とともに英語版しか発表されていないカードの日本語テキストも記載していますので、カードリストとしてもどうぞ。

ひとつの記事にまとめる予定でしたが文量が多くなってきたため記事を分割することにしました。
この記事はPart.3になります。

過去のカード評価を未読の方はよろしければこちらからどうぞ。

ハースストーン拡張セット「凍てつく玉座の騎士団」全カード評価 Part.1

2017.07.28

ハースストーン新拡張「凍てつく玉座の騎士団」全カード評価 Part.2

2017.07.29

カード評価を読む前にお前は誰なんだという方はこちらをどうぞ。

このブログについて

2017.07.26

それではPart.3もカード評価していきます。

評価方法

各カードは10点満点で評価しています。
点数の基準については以下の通りです。

10点: 他のカードとのシナジーを必要とせず、純粋にカード単体としてカードパワーが高い。
(例: ドクター・ブーム、ティリオン など)

5点:平均的なカードパワーで、他のカードを評価する際の基準となるカード。
(例: 魔力なる知性、センジン・シールドマスタ など)

0点: 何らかのカードの完全下位互換になっていて、ゲームに勝つことを目指す上で存在価値が無いカード
(例: グマグレイジャー←タール・クリーパーが存在するため など)

今回は初回ということで、カード評価をしていく中でこれら以外の点数の基準を整備していきたいので、 10点,5点,0点にだけ明確な基準を設けています。

カード評価

更新日が新しい順に表示しています。

8月4日更新分

Mindbreaker

日本語テキスト:
お互いのプレイヤーはヒーローパワーを使用することが出来ない。
点数:
      5点

コメント:
システムに割り込む効果なのでスタッツが体力に偏っているのは良い。
3マナで2/5は基準スタッツを満たしている。
リリースタイミング的にヒーローカードのメタとしてデザインされているようだが、自分も使えなくなるのが難点。
わざわざこのカードを採用するような状況はヒーローカードが予想以上に強力でメタとして挿す場合が第一に考えられる、そうなってほしくはないが・・・


Thrall,Deathseer


日本語テキスト:
雄叫び: 自分のすべてのミニオンをマナコストが(2)高いミニオンに変身させる。
ヒーローパワー:
自分のミニオン1体をマナコストが(1)高いミニオンに変身させる。
点数:
      9点

コメント:
5マナで即座に進化2枚分の効果を得られ装甲5点が付いてくる。この時点でかなりコスパが良い。
しかも変化するヒロパによって毎ターン継続して進化させることが出来る。(対象1体のみになるが)
盤面にミニオンを揃えておく状況もシャーマンであれば達成しやすい。
というか、少し横暴な言い方になってしまうがシャーマンを使っていてこのカードがゲーム中まったく使えない試合展開というのはかなり絶望的で、その場合はそもそもこのカードがあろうが無かろうが負けていた試合なので5T目までの展開や構築を見直すべきだと感じる。
中盤のミニオンがお互い2,3体並んだ睨み合いの盤面で投げればそれだけでゲームを決めかねないカード。


Tomb Lurker


日本語テキスト:
雄叫び: この対戦中に死亡した自分の断末魔を持つミニオンをランダムに1枚手札に加える。
点数:
      5点

コメント:
5マナで体力3という頼りないスタッツなので雑に投げて強いカードでは無い。
採用するのであればこの雄叫びを活かしたデッキが望ましく、であれば強力な断末魔を回収したい。
ティリオン?ドルイドの新レジェンド?…うーん


Righteous Protector


日本語テキスト:
挑発、聖なる盾
点数:
      7点

コメント:
そもそも下位互換である1/1/1聖なる盾のアージェントの従騎士自体がこれまでZooやアグロパラディンなどの小型ミニオンを並べるデッキにおいて採用され続けてきた由緒正しいミニオンである。
そのことを考えればこのカードが同様のデッキにおいて弱い理由は無い。
キーワード能力の中でも挑発が付いたことがかなり大きく、聖なる盾と併せて横のミニオンを守れるため1T目に間に合わず2,3T目に置いてもかなりの効能が期待できる。
アグロパラディンの安定性を引き上げるミニオン。
一発屋感がするがケレサス公爵を入れた1,3,4マナのアグロパラディンを組んでみたくなる。


Runeforge Haunter


日本語テキスト:
自分のターンの間、自分の武器の耐久力は減らない。
点数:
      6点

コメント:
ローグにおいて、武器の耐久力は減らなければ嬉しいがどうしても減らしたく無い場面は今までそう多くなかった。
2マナを払えば好きなだけ装備出来る上に攻撃力も1しか無いからだ。
しかし今回発表された3マナ3/2の武器、前回の拡張で追加された猛毒の仕込みなどが採用されるとどうしても武器の耐久力を減らしたく無い場面が出てくる、かもしれない。
かもしれないが、現状このカードを入れてまで4T目にどうしても武器を守りたい展開が考えつかないためこの点数とした。
ローグの4マナから墓荒らしが抜けて久しいが、未だ後継は出てこないようだ。


まとめ

Kyrie
リアルがバタバタしていたため今回は軽めに箇条書き風での更新としました!
落ち着いたら下書きに溜めているカード評価放出していきますのでよかったらまた見て下さい
シャーマンのヒーローカード使いたいなあ

7月31日更新分


Gnomeferatu


日本語テキスト:
雄叫び: 対戦相手のデッキの一番上のカードを取り除く。
点数:
      5点

コメント:
まさかのデッキ破壊カードがウォーロックで登場。
このカード、発表時に筆者のタイムラインで強いというコメントが散見され、実際に海外のカード評価サイトにおいてこの拡張セットで一二を争う高評価を叩き出している。

しかしこのカードは5点であり、この5点は2/2/3という基準値のスタッツを持つことに対しての5点だ。=雄叫びに関しては1点にも満たない評価だ。
理由は2つで、1つ目は取り除くカードを選べないからだ。
相手のデッキの一番上という表現をしているから特定のカードを取り除いているような印象を受けるかもしれないが、デッキの一番上のカードなんて残り1枚にでもならない限り見てみなければ何か分からないし現在ハースストーンにおいてデッキの一番上に何かを置くようなカードは無い。
つまり相手のデッキを全部横に並べてくじのように1枚ランダムに引き抜くのと本質的には何も変わらないということだ。
もっと言えば、1枚を引き抜くという行為さえファティーグにもつれこまない限りデッキの底に眠っていることと変わらない。
そんな効果が強いだろうか。
次に2つ目の理由は取り除く枚数が少ないこと。
これはファティーグを狙いにいく戦略が取りづらい・取れないということだ。
仮にこのカードを使いまわしたところでウォーロックでは精々ゲーム中に3回発動出来れば御の字で、3枚削ったところでそれはファティーグを狙っているデッキではない。
さらに言うならこのカードはウォーロック専用カードであり、ウォーロックの効果は2点払って1枚ドローという自分のデッキを減らす効果だ。

というわけで予想以上に長くなってしまったが、2/2/3の標準スタッツでオマケで相手のデッキを1枚削ってキーカードを落とせたらラッキーくらいの気持ちで採用するのがベストだというのが筆者の評価。


Val’kyr Soulclaimer


日本語テキスト:
このミニオンがダメージを受けても生き残っていれば2/2のグールを1体召喚する。
点数:
      8点

コメント:
1度に4点以上のダメージを受けない限り2/2のグールを召喚するカード。
一度でも効果を発動出来れば3マナで1/4と2/2を召喚したことになり、序盤のテンポを取ることに大きく貢献しそうだ。
さらに嬉しいのはこのカードが自傷手段の豊富なウォリアーのミニオンだということ。
既存の死憎悔いのグールや旋風剣、内なる怒りなどに合わせて今回追加されたAnimated Berserkerと組み合わせる動きも検討出来るだろう。

もちろん終盤においては4点を出すことが容易になることから効果が発動できるか信頼性が落ちるが、それを補って余りある序盤のポテンシャルを感じるので8点とした。


Sunborne Val’kyr


日本語テキスト:
雄叫び: 両隣のミニオンに体力+2を付与する。
点数:
      6点

コメント:
両隣のスタッツをバフするカード。
同じようなカードとしてはアルガスの守護者が筆頭にあがり、体力のバフは1少ないが攻撃力も上がる分あちらの方がバフを活かしたトレードが行えるだろう。もちろん挑発も付く。
スタッツはこちらの方が恵まれているので一概には言えないが、バッファーとして採用するのであればマナも安く使いやすいアルガスに軍配が上がりそうだ。
闘技場においてはスタッツもそこそこあり汎用性のある強いカードとなりそう。


Stitched Tracker


日本語テキスト:
雄叫び: 自分のデッキにあるミニオンのコピーを1枚発見する。
点数:
      5点

コメント:
明らかに獣の見た目をしているが種族無しらしい。
良質なミニオンの揃ったハンターであればデッキのミニオンを発見出来る価値は高いが、3/2/2の貧しいスタッツで獣も付いていない。
序盤に出せばスタッツの面から盤面を取ることに苦労することは必至だし使い所が難しい。
極々少数のミニオンだけを採用して毎ターンこのカードの1枚目でこのカードの2枚目を発見するトークン的な使い道もあるにはある。実戦レベルでは無さそうだが。


Archbishop Benedictus


日本語テキスト:
雄叫び: 対戦相手のデッキのコピーを自分のデッキに混ぜる。
点数:
      3点

コメント:
強い使い方が分からないミニオン。
ファティーグが間近になっては相手のデッキも少ないためコピーできる量が少ない。
相手のデッキが多い時に使えばこちらのデッキと合わさることでデッキの一貫性が損なわれてファティーグまでもつれこませること自体が困難になりそう。


Embrace Darkness


点数:
      4点

コメント:
パット見6マナは重たい。
プリーストのヘルスを維持する能力で誤魔化して1ターン耐えること自体は出来そうだが、このカードを打った返しで相手がさらに大きなミニオンを出してくればさらにカードの消費を求められてしまう。
擬似的な精神支配は強いが、精神支配の強みは即奪えることにもあると考える。


まとめ

Kyrie
本日は新たに発表された6枚の新カードを評価しました。
対になって登場したVal’kyr2体のイラストがレジェンドでもおかしくなさそうな見た目でかっこいいですね。
また追加カードのある日は更新します!

 


お知らせ

普段はTwitterにいるので、良かったらフォローお願いします。
このブログの更新情報や、このブログよりも早い最新カードのRTなどをツイートしています。
他愛のない話も多いですが、よろしくお願いします!

過去に行ったカード評価はこちらからどうぞ

ハースストーン拡張セット「凍てつく玉座の騎士団」全カード評価 Part.1

2017.07.28

ハースストーン新拡張「凍てつく玉座の騎士団」全カード評価 Part.2

2017.07.29